1on1とは|対話により部下の成長を促進するメソッド

部下の育成や成長支援は多くの企業が課題に感じており、各社様々な取り組みをしています。その中でも、部下の育成やモチベーション向上が期待できる「1on1」は、近年導入する企業が増えています。
本コラムでは、1on1を導入するメリットや実施する際の注意点について解説していきます。

人材育成・社員研修などに関するご相談はこちらから

1on1とは|対話により部下の成長を促進するメソッド|人材育成コラム_3
目次

1on1とは

1on1とは上司と部下が1対1で対話を行うミーティングのことです。1on1は週に1回、または月に1回程度の頻度で実施されるのが一般的です。時間よりも頻度が重視されており、1回の実施時間は30分ほどに設定されることが多いです。

1on1の主な目的は、上司と部下の双方向のコミュニケーションをとおして、部下の成長を促進・支援することです。そのため1on1では、部下の経験や思考を知り、目標や行動の擦り合わせを行うことを重視します。

1on1が必要とされている背景として、現代の激しい社会変化に対応するためにはトップダウンのマネジメントだけではなく、ボトムアップのマネジメントが必要とされていること、テレワークの増加、副業の容認、グローバル化など、働き方が多様化したことにより、部下の状況を把握することが難しくなってきたことがあげられます。

1on1のメリット

それでは、企業が1on1を導入するメリットには何があるでしょうか。

部下とのコミュニケーション量を増やすことができる

1on1は上司と部下が対話することを前提として行われます。上司からの一方的なフィードバックだけではなく、部下に対してヒアリングをしながら進めていくため、必然的にコミュニケーション量は増え、部下は自分の経験や悩みを上司に共有する機会が増えます。対話を重ねながら部下の良い部分を伝えられれば、仕事へのモチベーション向上にもつなげられるでしょう。1on1後に「話して良かった」と部下に感じてもらえるように、また部下が問題を解決する糸口が見つけられるように導くことが大切です。

部下との信頼関係を構築することができる

1on1による定期的な対話でお互いのことをより理解することができれば、部下の心理的安全性が高まり、プライベートのことや仕事で相談しづらいことも、上司に相談できるようになります。部下が抱えている悩みを聞き出し、一緒に解決の糸口を探ることができれば、上司と部下の信頼関係を構築することもできるでしょう。

一般的に部下は自分よりも立場が上の上司と接する際、構えてしまったり距離感を持ってしまったりするものです。そのため、上司はフランクな話も取り入れながら話しやすい雰囲気を作ることが重要です。部下の話にしっかりと耳を傾け、設定した時間の6~7割は部下の話を聞くことに当ててください。

離職を防止することができる

上司と部下のコミュニケーション不足は離職原因のひとつと考えられています。部下の離職を抑制するためには、1on1を通じて対話を増やし、部下が離職を検討する前に部下の悩みやキャリアの志向を聞き、しっかりフォローすることが重要です。20代~30代のミレニアル世代、Z世代は職場に多様性を求めています。人材の流出を防ぐためにも、部下と対話する機会を積極的に設け、どのような考えを持っているのか、どのようなキャリアを歩みたいのかを知り、部下のエンゲージメントを向上させることが重要となるでしょう。

1on1と人事面談との違い

1on1が組織にメリットをもたらすものであることはわかりましたが、対面で行う人事面談と何が違うのでしょうか。大きな違いは、1on1は対話型のコミュニケーションである点です。人事面談は評価者である上司からの一方的なフィードバックがメインであり、部下にヒアリングを行うことはほとんどありません。しかし、1on1では部下の現状や悩みをヒアリングすることで、部下に寄り添いながら能力を引き出せるようにアドバイスを行っていきます。テーマや課題、解決方法などを部下に自分で考えさせて成長を促していくことが大切です。

1on1の導入、実施方法

1on1の進め方には、4つのステップがあります。

(1) 1on1の目的を決定して共有する

1on1を実施するうえで、上司は部下と目的を共有することが大切です。「信頼関係を構築するため」「悩みを共有して改善策を一緒に模索するため」など、理由を説明すれば部下も積極的に取り組んでくれます。また、1on1で取り扱う話題は、部下が話したい事柄や解決したいテーマなど、部下に自由に決めてもらうとよいでしょう。部下が慣れないうちは「仕事で感じた課題」「今後のキャリアについて」など、例をあげるとスムーズです。話題は仕事や業務に限定せず、プライベートな内容でも構いません。

(2) 1on1を実施する場所や時間を決める

目的の共有ができたら、1on1を行う具体的な日時や場所を決めてください。週に1回または月に1回など、業務時間を圧迫しない程度の頻度で継続することが大切です。

日時を決める際には上司の都合だけで決めず、部下の予定も考慮して決めましょう。お互いのスケジュールをすり合わせて日時を決めることで、信頼関係も深まります。

場所に関しては、会議室やラウンジなど話す内容に合わせた場所を選択するのがおすすめです。また、日時を変更する際のルールなどもあらかじめ決定しておきましょう。

(3) 1on1の実施と記録

1on1は、自分で考えることを定着させ、部下に成長してもらうことが最大の目的です。そのため、部下の話にしっかり耳を傾けながら、部下の成長や自主性を促していきます。また、前回から成長した点を発見したら、必ず部下にフィードバックしましょう。そうすることで、部下自身も自分の成長をより実感できるようになります。

1on1を行った際には、対話した内容を必ず文面に残しておいてください。なぜなら、文面に残しておくことで、双方が対話した内容をいつでも振り返られるからです。時間とともに内容を忘れてしまってはいけません。手帳や手書きのメモとして残しても良いですが、管理がしやすく双方が共有できるクラウドツールや社内用のコミュニケーションツールを利用するのがおすすめです。個人用のLINEやメールはできるだけ避けます。これは、プライベートと仕事をきちんと分けていると示すのに加えて、個人間のやり取りでトラブルが発生した場合に、会社が確認できない状況になるのを防ぐためです。

(4) 次回の1on1を設定する

1on1を終えたら、次回のミーティングの日時と場所を決めましょう。1on1は期間をあけ過ぎずに継続して行うことが大切です。理想は1週間に1回、最低でも1か月に1回の頻度でスケジュールを組むことをおすすめします。

1on1のデメリット

1on1は上司と部下の関係だけでなく、組織全体にもプラスの効果をもたらしてくれます。しかし、そこにはデメリットも潜んでいるので、導入する前にしっかりと把握しておきましょう。

業務時間を圧迫してしまう

1on1は週に1回または月に1回、約30分の時間をかけて行います。また、上司・部下とも業務時間を割いて時間を作らなければなりません。部下が多い上司は業務時間を大幅に圧迫してしまうでしょう。しかし、近年は1on1を支援するツールも登場しています。1on1に取り組む際には支援ツールに頼り、時間短縮・工数削減を行うのがおすすめです。

スキルが無いと雑談だけで終わってしまう

対話やコミュニケーションのスキルが無いと、雑談をするだけになってしまい、「成長を促す」という目的が果たせません。部下の話を上手に引き出せるか、部下ごとに合ったアドバイスができるかが、成長度合いを左右します。1on1を導入するにあたってコミュニケーションスキルに自信が無い方は、1on1に関する研修に参加してスキルを磨きましょう。

数値で表せない部分の成長が掴みにくい

部下の成長を示すものとして、売上やコスト削減といった数字で表しやすい成果ではなく、周囲への好影響や前向きな姿勢など、数値で表せないものがあります。数値で表せないものを評価できずそぎ落としてしまうと、部下によってはモチベーションの低下につながることも。そうした定性的な面については、360度評価や他の社員の声などをもとにフィードバックやアドバイスをすると良いでしょう。

1on1を実施してから効果が出るまで時間がかかる

部下の成長を促進するために1on1を導入しても、すぐに結果が出るわけではありません。上司と部下で対話を重ねて、少しずつ成長させるのが1on1の手法です。対話の頻度は、多くても週に1回、少ないと月に1回です。1~2カ月程度の取り組みですぐに結果が出るものではないので、長期的に実施して、少しずつ部下の成長を促しましょう。また、続ける過程で新たな目標や課題が出てくることもあります。

1on1導入に役立つスキル

1on1は部下の成長を促進し会社全体の業績向上を目指すメソッドとして注目されています。しかし、対話を通して部下の現状を把握して問題解決へと導いたり、信頼関係を構築したりすることは簡単ではありません。上司も「傾聴」「質問」「伝達」などの1on1を行うためのスキルを身につけておく必要があります。ラーニングエージェンシーではこうした必要スキルの研修も行っております。
「傾聴力の基本」研修はこちら
「質問力の基本」研修はこちら
「管理職のための部下育成シリーズ<聴く力&話す力>」研修はこちら

その他、様々なお役立ち資料や無料の動画セミナーもございます。ご興味ございましたらぜひご覧ください。

サービス一覧

人材育成メールマガジン

人材育成に関するノウハウやお役立ち情報、研修情報をお届けいたします。