2年目に現場で自立・自走して活躍できるITエンジニアになる
情報システム開発Next Stepコース
                        
対象者 新人エンジニア
未経験エンジニア
会場 オンライン
※詳細はお問い合わせください
開催 計3日(10月/12月/2月 開催)
※詳細はお問い合わせください

Topics

こんなお悩みを解決できます!

  • 年間で新入社員をフォローしたいがしきれていない
  • 配属後は現場に任せてしまっているので、育成状況を把握できていない
  • 知識や思考を整理させる時間がないので、研修を効率的に活用したい
  • 一年目で成長した知識やスキルを整理し、二年目に向けた準備がしたい

Case study

活用事例

人事・教育ご担当者のお声
配属前に日程を把握できていたので、研修に参加しやすかったとの声が現場管理者からありました。適切なタイミングで、内省の方法やアルゴリズムの考え方を学ぶことができたので、知識の整理ができたようです。人事側からも、受講者の成長を実感することができました。
4月の基礎コースで一緒に受講したメンバーと再会し、みんなで成長を実感することができたようです。同期が少なかったので、切磋琢磨できる仲間と出会う機会を提供できてよかったです。
現場配属後は忙しく、自分自身を振り返る時間が持ちにくいため、本研修を通じて自分が行った業務を定期的に整理することができてよかったです。おかげで、2年目に向けてモチベーションを高く保つことができ、後輩育成のマインドも醸成することができました。
業務工数の都合で、先輩が丁寧に教えることができなかったアルゴリズムの考え方を、1日かけてじっくり教えてもらうことができてよかったです。
受講者のお声
社会人2年目以降は「入社2年目のほぼ新人」ではなく「入社歴の浅い若手」として戦力に数えられるようになりたいと思うようになりました。 そのため、指示をこなすだけでなく、常に自分の役割やできることを考えながら作業するようにしたいです。 また、自分の振る舞いが周囲に与える影響も新人時代に比べて大きくなるので、ネガティブな印象を与えて周囲の士気を下げないようにします。
研修を通して、プロとしての自覚を持つことの大切さを学びました。 業務を任してもらえるようになるために、現在の職場で全うすべき業務の本質を進んで理解を深め、期待されるべき行動をするために自助努力をしていきたい。
製造で躓いたときも、論理的に物事を考え、正しいアルゴリズムの選択やフローチャートで思考の整理をしていきたいと思います。

Feature

サービスの特長

第1回
 自己認識

自己成長のためのリフレクション研修

  • 経験学習モデルを用いて、自分が経験した業務を客観的に振り返り、今後の業務へどのように活かせるか成長目標をたてます。また、他社の受講者との意見交換を通じ、入社半年の振り返りを行います。

第2回
 知識定着

論理的思考力強化のアルゴリズム研修

  • エンジニアに必要な論理的思考力をアルゴリズムを考えながら徹底的に鍛えます。実際に手を動かしながら考えることで、「なぜこのアルゴリズムを用いるのか」といった思考を身に付け、業務に転用することを目指します。

第3回
 マインド醸成

2年目社員の心構えフォローアップ研修

  • 入社して1年間の経験や業務を振り返ります。2年目社員に求められる役割や立ち居振る舞いを理解し、その上で「目標設定や仕事の棚卸をする」ことの重要性を体感できます。社会人として2年目を迎えられる準備を行います。

Flow

利用開始までの流れ

サービス利用開始までの流れ
  • お問い合わせ

    お問い合わせフォームより、お問い合わせください。後日、コンサルタントよりご連絡いたします。
  • お打ち合わせ

    担当コンサルタントが貴社のご状況をお伺いしながら、サービスの詳細をご説明いたします。
  • お申し込み

    導入決定後、各種書類を郵送にてご返送、もしくは担当コンサルタントまでご連絡ください。
  • ご案内

    当社の事務局より企業担当者様宛に研修のご案内をご連絡いたします。メールをご参照ください

FAQ

よくあるご質問

10月、12月、2月に3日間開催しております。※詳細日程と時間は当社までお問合せください。
開発現場の経験豊富な講師がテクニカル面を担当します。また、厳しい試験を受けている人材育成の専門家が、ビジネススキル面を担当します。
支援実績13,000社、350万人以上の受講者に人材育成してきたからこそ、技術スキルだけでなく、ヒューマンスキルも徹底的に身につけるカリキュラムになっております。講師登壇が豊富な担当コンサルタントが手厚いサポートいたします。
厚生労働省の人材開発支援助成金を活用することで、最大80%前後助成される可能性があります。サポートに精通した担当者が、きめ細やかにお悩みにお答えします。※助成金が利用できるか否か、お客様ご自身でご確認・ご判断の上、申請手続きもお客様ご自身で行っていただきますよう、お願いいたします。

List Price

料金表

利用料金 3回セット価格 
¥60,000円(税抜)
サービスのお問い合わせ サービスのお問い合わせ