【現場指導者向け】体系的に学ぶOJTの進め方|研修を探す|人材育成・教育研修

こんな方におすすめの研修です

  • OJTの進め方が現場に委ねられている
  • OJTを実施しているが、ただ仕事を頼んでいるのと変わりがない
  • OJTの振り返りや効果検証ができていない
  • 優秀な後輩を育てる仕組みをつくりたい
こんな方におすすめです||経営戦略概論|研修ラインナップ_3

こんなことが得られます

人が育つ理論に基づく計画的なOJTのサイクルとポイントを学ぶ

OJTという手法は導入企業数こそ増えていますが、一部では十分な計画立案や振り返りができていないのも現状です。
本研修では、教育や学習の理論に基づいたプログラムの提案、指導者の振る舞い方、効果検証方法など、OJTを進める上でのポイントやノウハウをお伝えします。
本研修の内容を実践し、質の高い人材育成の仕組みづくりにお役立てください。

研修受講者の声

  • OJTに対する考え方や捉え方が変わりました。今までは伝えて終わりだったり、現状のことばかりに目を向けがちだったりしましたが、先の事を考えて計画的に指導しようと思いました。
  • なんとなくのOJTではなく、意識的、計画的なOJTの必要性がわかりました。
  • 部下、後輩の指導を感覚で行っていることに気づきました。わかっているつもりになっていたので、改めてOJTの目的・内容を把握して実践できるようにしていきたいです。

男女比

  • 男性65%
  • 女性35%

階層比

  • 新人0%
  • 若手18%
  • 中堅33%
  • 管理職49%
  • 経営層0%

満足度

  • 満足97%

研修プログラム

研修時間:120分

1. OJTとは

  1. (1)OJTとは
  2. 【(ケーススタディ)】OJT担当者の行っているOJTの気になるところを挙げてください
  3. (2)育成対象者の状況
  4. (3)OJTの目的
  5. (4)OJTの流れ

2.業務の量と質の選定

  1. (1)業務の量と質を選定するステップ
  2. (2)OJTの目的を明確にする
  3. (3)目的を踏まえてゴールを設定する
  4. (4)「期待する姿」を設定するときの着眼点
  5. (5)熟達レベルを参考にしたOJTのゴール設定
  6. (6)育成対象者の現状を把握する切り口
  7. (7)熟達レベルが正しく見極められていないと
  8. 【ワークショップ】育成対象者を1名想定してOJTのゴールを設定してください
  9. (8)OJTのゴール設定
  10. (9)ゴールから逆算して段階的に中間目標を設定する
  11. (10)中間目標の設定方法
  12. (11)OJT指導者が周囲を巻き込むポイント

3.業務指示・依頼

  1. (1)育成対象者への業務指示・依頼のポイント
  2. (2)原理・原則を意識して指示すると応用力が高まる
  3. (3)育成対象者のレベルに合わせる
  4. (4)熟達レベルに合わせた業務指示・依頼の注意点

4.業務遂行依頼

  1. (1)育成対象者の状態に合わせたコミュニケーション
  2. (2)長期目線と短期目線で常に考え最適な選択をする

5.内省支援

  1. (1)内省をしないと成長が鈍化する
  2. (2)内省の重要性
  3. (3)内省支援の状況
  4. (4)内省支援のポイント
  5. (5)内省支援の進め方
  6. 【ワークショップ】内省、内省支援について検討してください

6.今後の行動計画

  1. 【ワークショップ】OJT指導者として今後どのように取り組みますか

*内容は変更になる可能性があります

  • 研修の効果を最大化!プラスアルファの仕組みはこちら|研修ラインナップ_3
  • ログインして研修予約|研修ラインナップ_4
オンライン企業内研修のお問合せ

おすすめの研修

この研修を受講できるサービス

オンライン研修

会場での集合型研修

対象別の育成ポイント