OJTトレーナー研修|研修を探す|人材育成・教育研修

こんな方におすすめの研修です

  • OJTトレーナーを担当しており、以下の悩み・課題のある方
  • 後輩の育成目標の立て方がわからない
  • 後輩にうまく仕事を任せることができない
  • 後輩にどのようにフィードバックをすればいいのかわからない
OJTトレーナー研修|研修ラインナップ_3

こんなことが得られます

OJTトレーナーとしての役割理解と、トレーナーを担当することの意義の共有、OJTトレーナーとしてやるべきことの全体像を学ぶ

後輩社員の成長は、OJTトレーナーの意識や力量に大きく左右されます。
一方で、OJTトレーナーからは「トレーナーを担当することになったものの、何から手をつければいいのかわからない」という声をよく聴きます。
本研修では、OJTトレーナーに求められる役割・期待や、トレーナー業務の基本となる「業務支援」「内省支援」「精神支援」のやり方についてご紹介いたします。

研修受講者の声

  • 参加者間の議論が多く、自分自身も振り返る良い機会になった。もらったアドバイスを実際のOJT業務に生かしていきたい。
  • 新入社員の育成に大きな影響を与える役割だと再認識しました。今回同じチームになったトレーナーからアドバイスをいただいたものを実際に行動に移し、新入社員の成長につなげたいと思います。
  • 研修前は、今更学ぶことはあまりないだろうと思っていましたが、それは間違いでした。今回紹介いただいた、業務を依頼する際のポイントを職場でも実践してみます。
  • 過保護になっていたことに気づかされました。もう少し一人で考えていける人になってもらえるよう、指示の仕方など工夫していきたいです。
 

研修プログラム

研修時間:終日

1.はじめに

  1. (1)アイスブレイク
  2. (2)研修の目的伝達

2.トレーナーへの期待

  1. (1)そもそもOJTとは
  2. (2)一般的に企業がOJTトレーナーに期待すること
  3. (3)当社がOJTトレーナーに期待すること
  4. (4)トレーナーのメリット

3.OJTを取り巻く環境と最近の若手社員の傾向

  1. (1)外部環境からみた新人・若手社員の傾向
  2. (2)人事担当者からよくきく新入社員の傾向

4.OJTの全体像と必要な要素

  1. (1)トレーナーに求められる3つの支援
  2. (2)効果的に育成するための全体像
  3. (3)育成目標・計画の設定
  4. (4)業務の選定方法
  5. (5)理想的な業務指示・依頼方法
  6. (6)業務遂行支援をする際のステップ
  7. (7)フィードバック・内省支援

5.研修の振り返り

オンライン企業内研修のお問合せ

この研修を受講できるサービス

オンライン研修

会場での集合型研修

対象別の育成ポイント