データ活用の基本研修|研修を探す|人材育成・教育研修

こんな方におすすめの研修です

  • データを見る際のコツの習得をしたい
  • やみくもにデータを分析するのではなく論理的に活用したい
  • 相手目線でデータを活用するための方法を学びたい
データ活用の基本研修|研修ラインナップ_3

こんなことが得られます

データを活用した本質的課題の把握と解決の手法の習得

ビジネスパーソンにとって、データで語る習慣づけは大切です。
データを用いて、課題の把握・施策立案を行うことや、社内外での意思決定プロセスにおいてデータで根拠を示すことはどの業種、職種においても必要不可欠です。
本研修では、仮説を立てる→それを立証するためのデータの収集、加工→本質的課題の把握、解決の流れの中でどのようにデータを見て、どのようにデータを扱っていくのかをお伝えしていきます。

研修受講者の声

  • データ収集の目的や、分析手法のメリット・デメリットを学ぶことができました。
  • 相関関係や因果関係などの繋がりが理解できました。
  • データと言われると、どうしても苦手意識があり、扱うことを避けてきましたが、本日の研修に参加してデータを扱えることのメリットや、見方・扱い方が分かったので、食わず嫌いせずに、取組んでみようと思いました。
  • データを分析するときにその目的を忘れないようにしようと思います。
  • データを「見せる相手の視点に立つ」という相手目線の考え方が重要だと気づきました。
 

研修プログラム

研修時間:半日

1.データ活用の必要性

  1. (1)データ活用のメリット
  2. (2)データ活用をした時としなかった時の違い

2.適切なデータの選択

  1. (1)まずは仮説を立てよう
  2. (2)仮説を立証するためのデータとは
  3. (3)データは収集可能か検討する

3.データの適切な加工

  1. (1)基本的なデータ分析の種類
  2. (2)仮説を立証するためのデータ分析、加工とは

4.データを見る際のコツ

  1. (1)要素分析
  2. (2)順位と成果
  3. (3)トラブル件数
  4. (4)人の構成
  5. (5)事実の把握

まとめ

オンライン企業内研修のお問合せ

この研修を受講できるサービス

オンライン研修

会場での集合型研修

対象別の育成ポイント