「2022年経済見通し」 ~ 企業に求められる現状認識と変化対応 ~|人事向け勉強会|人材育成・社員研修

※ 本研修の申し込みは終了いたしました。
現在開催中の特別ご招待研修につきましてはこちらをご覧ください。


 自立自走する新入社員育成-22卒向けオンライン時代の新人を鍛える具体的手法とは-

コロナ禍に突入してから1年半が経過しました。これまで経験したことがなかったこのパンデミックは、社会・経済に多大な影響を与えています。テレワーク・巣ごもり・デジタル需要が伸びた一方、訪日外国人数の激減、旅行・出張マーケットの大幅な縮小、外食需要の減少など、さまざまな方面から変化の波が押し寄せています。企業経営者は、その中で難しい判断を迫られた1年半でした。

判断をするためには、その基準となる「知識」が必要です。
「知識」は、「情報」を自分なりに解釈し、思考し、理解することではじめて得ることができます。

今回は、アフターコロナを見据え、企業が成長していくための「知識」の元となる「情報」を、世界最大4億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援している、株式会社東京商工リサーチ常務取締役情報本部長の友田信男氏に講演いただきます。現在の企業が抱えているリスクやアフターコロナで成長が見込まれる企業像を含め、2022年の経済見通しをご説明いただきます。

  • ※   本セミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです
  • ※   受講者側のカメラ/マイクは使用しません


こんなお悩みがある経営者・部門責任者の方にオススメのセミナーです!

  • ・2022年の経済見通しを詳しく知りたい方
  • ・アフターコロナで企業に求められることを確認したい方
  • ・現在の企業が抱える潜在的なリスクを見極めたい方
株式会社東京商工リサーチ 常務取締役情報本部長 友田信男氏

株式会社東京商工リサーチ 常務取締役 情報本部長 友田信男氏

1980年東京商工リサーチ入社。福岡支社情報部長、北九州支店長、本社情報部長、同統括部長、副本部長を経て、2011年6月取締役本部長、15年6月常務取締役情報本部長。07年より財団法人企業共済協会「企業倒産調査年報」検討会委員。08年12月参議院経済産業委員会に参考人招致(リーマン・ショック後の中小企業動向について)。14年9月まで参議院経済産業委員会調査室の客員調査員。

セミナー名 「2022年経済見通し」 ~ 企業に求められる現状認識と変化対応 ~
参加費 無料
プログラム
  • 1.情報インプットの重要性
  • 2.長引くコロナ禍が企業に与えている影響
  • 3.アフターコロナで成長が見込まれる企業像
  • 4.2022年の経済見通し
  • 5.まとめ
*プログラム内容は変更になる場合がございます
お申し込み~
視聴までの流れ
  • (1) 申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
  • (2) 開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度)
  • (3) 開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLを
    クリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。
    時間になりましたら開始されます。
日程
  • 12月 3日(金) 15:00~16:00
    (14:30~サインイン可能です)
受講対象
  • 経営者
  • 部門責任者
  • ※   企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。
  • ※   当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。
    上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。
  • ※   緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。
  •  Mail:la-info@learningagency.co.jpTEL:03-5222-5111