コンサルタント職

2015年入社

大学(大学院)で学んだこと

理工学部卒 管理工学を専攻し、数理モデルを用いた最適な施設配置について研究。専攻外では、統計学、金融工学、マーケティングなどを学ぶ。

入社してからのキャリア

1年目~新規サービス開発

アセスメントサービスの新規立ち上げに従事。設計からリリースまで、新たなサービスを立ち上げる一連の流れを経験する。自分が想定していたよりも、新規サービス開発の業務範囲が広いことを痛感する。

2年目~新規サービス開発、研修講師

アセスメントサービスの改善と、モバイルラーニングの新規サービスラインナップの立ち上げに従事。また、研修講師としてもデビューする。主に若手社員向けの研修講師を務める。複数業務をマルチに担う難しさを実感する。

3年目~新規サービス開発、研修講師、後輩指導

モバイルラーニングサービスの販売促進や調査プロジェクトの立ち上げ、後輩指導など業務の範囲が更に広がる。求められる業務の品質及びスピードが格段に上がったことに気づく。一方で、新規サービスをリリースしたことによって、ようやくお客様に価値が提供できたと実感する。

コンサルタント職の醍醐味とは

アイデアが形になる精度が
高まっていくことで、
より良いサービスが
出来上がっていきます。

開発の計画を立案する時や、その計画を実行する時にやりがいを感じます。
当初に立てた計画が全てうまくいくことは少ないため、定期的に計画を見直します。その試行錯誤があるからこそ、計画立案時は紙面上のアイデアだったものが、計画に落とし込まれ、実際に形になっていくプロセスに達成感を味わうことができます。アイデアが形になる精度が高まっていくことで、より良いサービスが出来上がっていきます。
新規サービス開発を行う中で、その時自分が持っているスキルだけでは絶対に太刀打ちできない場面が何度も訪れます。その都度、必要に応じて自ら新たな知識やスキルを身につけていきます。プロジェクトが無事に終了した時、改めて振り返ると、当初出来なかったことが出来るようになり、自分の成長を実感します。

他者との関わりについて

お客様から直接お声を
いただいた時に
「やっていてよかったな」と
強く感じます。

ある調査プロジェクトの結果報告をした際に、調査に協力していただいた人事担当者の方から「貴方のおかげで考えがすっきりまとまったよ。」というお声をいただいたことがあります。
自分が設計や開発に携わったプロジェクトによって、お客様に価値を提供できていると実感した瞬間でした。
サービス設計や開発にもやりがいを感じていますが、お客様から直接お声をいただいた時に「やっていてよかったな」と強く感じます。
もちろん嬉しいお声だけでなく、厳しいお声をいただくこともありますが、期待の表れだと前向きに捉えて、より良いサービスの改善に努めています。

自分を変えた
名言や上司/先輩からの一言

全ての仕事において
“人”と向き合いなさい。

上司からいただいた言葉です。影響範囲の大小に関わらず全ての仕事は人に関係している、だからこそ人のことを考えていない仕事からは価値は生まれないということを教えていただきました。

ある1日のスケジュール

  • 6:30

    起床

    朝食を取り、電車が混む前に早めに家を出る。

  • 8:00

    出社

    やるべきことを確認して、今日のスケジュールをチェック。

  • 8:30

    研修の準備

    研修に向けてイメージトレーニングをして、講師モードに気持ちを切り替える。

  • 9:30

    講師登壇

    研修のテーマは、報連相。お客様に「聞いてよかった」ではなく、「実践できそう」と思っていただくため、様々な事例を使って話す。

  • 12:30

    ランチ

    チームのメンバーと昼食。午後に向けて気分をリフレッシュ。

  • 13:30

    外部ベンダーとの打ち合わせ

    サービス改善に向けてベンダーと打ち合わせ。他企業の人と話すことで新しいアイデアが生まれる。

  • 14:30

    タスク処理

    プロジェクトのタスクを実行。細かいタスクでも、サービス改善につながっていることを常に意識。

  • 15:30

    プロジェクトメンバーとの打ち合わせ

    プロジェクトの進捗確認の打ち合わせ。先輩・上司のプロジェクトの進め方やアドバイスからは学ぶことばかり。

  • 17:00

    後輩指導

    後輩が業務経験から学びを深められるように、1対1で振り返りを実施。

  • 18:00

    メールチェック、タスクチェック

    メールとタスクを確認し、対応。

  • 19:00

    退社

    帰宅時間が偶然重なった先輩と夕食。仕事に限らずプライベートなど様々な話が出来る、頼れる先輩。

  • 24:00

    就寝

    1日の振り返りと、ニュースを確認し、就寝。

ENTRY

BACK TO LIST