VOL.01

中小企業の人材育成を支える。
お客様と信頼関係を築き、価値を提供する仕事とは?

眞﨑 大輔

代表取締役社長

教養学部 アーツ・サイエンス学科卒。
学生時代、学園祭実行委員会のリーダーとして後輩を指導。その中で組織は人の集合体であり、個々のスキルアップが組織の向上につながると考え、人材育成に興味を持つ。人材育成の専門的スキルが身に付けられる点と、勉強熱心な会社の雰囲気に魅かれ入社を決意。

文学部 考古学専攻卒
研究活動と並行して、サークルやアルバイトの組織運営、後輩指導に従事する中で「個々の力を育むことで、組織の力を最大化することができる」ことを実感し、人材育成に興味を持つ。人材育成を通して、企業の発展に貢献したいと思い、入社を決意。

総合文化研究科 国際社会科学専攻卒。
大学時代、貧困世帯の小中学生に学習支援を行うNPOに参加。その過程で、大人の学習について考える必要性を感じ、社会人向けの人材育成に関心を持つ。若い内から社長や人事責任者と接し、人材育成のサポートが出来る点に魅力を感じ、入社を決意。

中小企業の人材育成を担うために、
皆さんには何が求められていると思いますか?

人材育成で悩んでいるお客様に、専門的な手法やノウハウを伝え、サポートしていくことが求められていると思います。これまでお客様の話を伺う中で、人材育成の必要性を感じているものの、具体的に取り組めていない企業が多いことに気がつきました。

中小企業で人材育成に悩んでいる企業は非常に多いです。まずはお客様のニーズを顕在化させ、ラーニングエージェンシーのことを知っていただき、更には私たちの価値をお伝えすることが大切ですね。

価値を伝えるということでは、まだまだ力不足です。人材育成を通じて何が実現できるのか、お客様が具体的にイメージできるようにお伝えすることが、いまの課題です。

具体的にイメージしてもらうためには、お客様が人材育成でこんなことに悩んでいるのではないか、と自分なりにしっかりと仮説を立てることが大事です。更にその仮説が当たった時に、お客様からの信頼も増すと思いますよ。
では、お客様と長くお付き合いしていくためには何が必要だと思いますか?

中小企業は、大企業に比べて、ヒト・モノ・カネのリソースが少ないため、教育に投資することは簡単なことではありません。だからこそ、私たちが責任を持ち、お客様と二人三脚で人材育成をつくりあげていく必要があると思います。

お客様と二人三脚でお付き合いしていくために、大切なことは何だと思う?

人材育成の課題に対して、必要なタイミングで情報を提供し、適切な解決策をご提案することが大切だと思います。

では、その情報を提供するために、先輩たちはどんなことを心がけていると思う?

お客様の心にしっかり寄り添って、どんな情報が必要なのか常にアンテナを張っていると思います。更に、同じような情報を伝える場合でも、お客様によって表現の仕方や言葉の選び方が異なり、さすがだなと感じます。

多くの中小企業のお客様と関係を築いてきたからこそ、お客様に寄り添った行動ができるんですね。意識していけば皆さんでも身につけることができるので、先輩たちのように、お客様とより良い関係を築いていってほしいと思います。

今後の目標や、チャレンジしたい
ことを教えて下さい。

私の目標は、お客様の伴走者として、人材育成の仕組みを一緒に作っていくことです。いまはまだ、お客様の現状の取り組みを伺うことで精一杯ですが、長期的な視点で人材育成にどう取り組んでいくか議論し、最適なソリューションを提供できるようになりたいです。

将来的な話になりますが、私は、調査研究に携わりたいと考えています。人材育成には、まだ開拓できていない領域が多いと思うので、私たちが先頭に立ち、新しい人材育成の世界を切り拓いていきたいです。

それぞれで大きな目標を持っているんですね。お客様のあらゆる課題を解決するためにも、色々な経験を積んでほしいと思います。視野を広く持ち、どんどん新しいことにもチャレンジしてください。

私は、リーダーになり、会社を引っ張っていける存在になることを目標の1つにしています。

私としても、早くリーダーになってほしいと思います。駆け上がってほしいって感じかな(笑)。率いる立場になると、それまでとはまた異なる視点で人材育成が見えてくるようになります。だから皆さんには早い段階でリーダーという立場を経験してほしいですね。

皆さんに期待すること

いま、日本は「人づくり」と称して、以前にも増して人材育成に取り組んでいます。私たちも、「人材育成」「中小企業を育てる」という軸をぶらさずに取り組んでいきます。皆さんには、中小企業の人材育成を支える担い手として、Biz CAMPUSを更に進化させ、その先の新たな事業、サービスにつなげていってほしいと思います。

Biz CAMPUSを、学生の頃に初めて知り、革新的な仕組みと社会貢献性の高さにとても感銘を受けました。いま、自分がそのサービスを提案する立場になり、より多くのお客様に価値を感じていただけるサービスにしていきたいと思っています。

私は、お客様と一緒にサービスを作っていくという意識が重要だと感じています。お客様とより良い関係性を築き、お客様の声を新たなサービスにつなげていきたいです。

私は、「中小企業を育てる」というキーワードが胸に響きました。いまあるサービスに留まらず、中小企業を支える素晴らしいサービスを考えていきたいと思います。そのためにも、個人力を磨くことを惜しまず、仕事に向き合っていきたいと思います。

将来、会社の成長を担うのは皆さんです。これからも期待しています!

BACK TO LIST