無限の可能性を感じる仕事、
人の人生の一部になれる仕事
2011年 新卒入社
人材開発エキスパート

INTERVIEW

大学で学んだこと

政治経済学部
専攻はミクロ経済学で、企業のブランディング戦略と消費者行動について学びました。また、企業そのものに興味を持ち、専攻外の経営学や企業の数字を見える化する会計学、企業にまつわる法律の会社法、税法、民法などを勉強しました。

入社後プロフィール

入社して1年目から4年目は、法人営業と講師経験を積む。法人営業では既存客のリテンションと、新規客の獲得を行う。講師としては、集合型研修や企業に訪問しての講義、大学での講義を行う。5年目に企画推進を行う部門に配属され現在に至る。

現在の仕事内容について
教えてください。

  • ・営業企画/推進
  • ・研修講師
  • ・チームマネジメント

事業部全体の動き方を先読みし、最大の成果を引き出すことがミッションです。そのために目標策定から、営業施策の検討、営業フローの確立、サービスの見直しなどを行っています。営業施策の検討では、実績の数値を踏まえ、どこにどれだけのリソースを割くべきかを、フロント部門と連携しつつ検討しています。営業フローの確立では、蓄積してきたノウハウの見える化と、浸透を行っています。サービスの見直しでは、実績やお客様の声を踏まえて、サービスの見せ方や売り方を試行錯誤しています。

「人材育成の仕事」に対する
やりがいを教えてください。

できなかったことができる様になったら、自分のありたい姿に近づけたら、どのような気持ちがしますか?この上ない喜びを感じるのではないでしょうか。人材育成の仕事は、この成長の喜びを日々目の当たりにすることができる仕事です。もちろん、一朝一夕で出来ることではありません。数か月、数年、それ以上に時間がかかるかもしれません。それでも、いつからでも、いくらでも変われるということを、お客様、自分自身が変わっていく様を通して実感します。人の変化を感じるたびに、「人の無限の可能性」を感じ、ワクワクします。
そして人材育成の仕事は、この無限の可能性を引き出すお手伝いができる仕事です。おこがましい表現かもしれませんが、これは「人の人生の一部を共に作っている」とも言えるのではないでしょうか。私自身、これまで数多くの人に助けられ、今があります。自分を変えてくれた方々は、私の人生に無くてはならない存在です。この経験から、人材育成とは人の人生の一部となれる仕事だと感じています。

MORE FOCUS

趣味を教えてください。

趣味はミュージカル鑑賞と料理です。
ミュージカルを観ている間は別世界に行けるため、最高の気分転換になります。月に1度のご褒美タイムです。
料理は、誰に何をどう食べて貰おうかと、あれこれ考えながら作るのが楽しいです。

おススメの書籍を教えてください。

生き方
稲盛和夫(著)
入社当初、一番最初に勧められた本です。いつ読んでも、そこに答えが載っているように感じます。
スピード・オブ・トラスト
スティーブン・M・R・コヴィー(著)
尊敬するクライアント企業の社長に勧められ、自分自身の振返りを行う際に読んでいる本です。