描くのは、
社会を突き動かす
「人の学び」の可能性
2015年 中途入社
マーケター

INTERVIEW

前職プロフィール

ソフトウェア・サービス業界/ITコンサルタント
外資系ソフトウェアベンダーにてITコンサルティング業務に従事。情報設計のエキスパートとして社内ポータルサイトのUI設計やワークスタイル変革に向けた業務コンサルティングなどに携わる。海外プロジェクトのリーダーも経験する。

入社後プロフィール

入社1年目はデザイナーとしての制作経験を幅広く積み、その過程でブランド品質管理にも従事。2年目には企画部門に配属され、セミナーテキストのデザインディレクションや制作プロセス改善にも携わり、現在に至る。

現在の仕事内容について
教えてください。

  • ・自社のブランド戦略に基づく
     デザイン業務、社内へのアダプテーション
  • ・資料テンプレート制作、レギュレーション策定
  • ・セミナーテキストのデザインディレクション
  • ・制作業務のプロセス管理

当社から発信されるすべてのコミュニケーションがブランドを具現化したものになるようにすることが、私のミッションです。当社には、はっきりと決められた仕事は存在しません。インハウスデザイナーとして何らかのメッセージを「可視化」して表現しブランドの構築につなげていくために、パンフレットやチラシなどの制作以外にも、社内で使用するドキュメントのテンプレート制作やブランドガイドラインの社内アダプテーションなど、なんでもこなします。

「人材育成の仕事」に対する
やりがいを教えてください。

この仕事の面白さは、デザイナーでありながら社会課題の解決に挑戦できる、ということです。人材育成は、ただ研修をして終わり、ではありません。
人の節目節目の学びに一貫して関わっていくことで、人を、そして組織を動かし、お客様の事業そのものを加速させ、ゆくゆくは社会を突き動かす、それが人材育成の真の力です。人材育成のあらゆる課題に対する完璧な解決策はないかもしれません。ただ、一つひとつの企業を取り巻く環境や悩み、ビジョンを紐解き、数ある手段の中からベストな答えを導き出す方法をラーニングエージェンシーは知っています。そんな会社で、形も色もない人材育成の無限の可能性を視覚的に演出し解を導く。
インハウスデザイナーとして仕事を進める上でこれほど面白い領域は他にありません。「これを制作した時、こんな世の中になっているなんて思いもしなかったね。」近い将来、そんな会話がされるクリエイティブを生み出せるよう、日々業務に取り組んでいます。

MORE FOCUS

趣味を教えてください。

・クッキングトラベル
「キッチン付きの宿があるか」を基準に旅行先を選びます。昼はマーケットで食材探し、夜は宿に帰りお酒を飲みつつ夕食を作ります。

・インスタグラム
何がどのように消費されているかビジュアルでわかるのでよく見ています。特に企業アカウントは集客やブランディングの参考になるため、頻繁にチェックします。

おススメの書籍を教えてください。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント(著)
感覚で制作しがちなデザイナーにこそ読んでほしい論理思考バイブルです。
りんごかもしれない
ヨシタケ シンスケ(著)
たったひとつのりんごから、「考える」ことを果てしなく楽しめる発想絵本。