新たな
人材育成の事業を創り、
社会的課題を解決する
2012年 新卒入社
ビジネスプロデューサー

INTERVIEW

大学で学んだこと

商学部
経営学、財務・会計、統計学を専攻。統計学では、上場企業の経営分析に携わる。企業経営を、市場環境、経営環境・財務状態などから俯瞰的に分析し、競争優位性を明らかにすることに取り組む。

入社後プロフィール

入社後、大阪支社に在籍し、法人営業と研修講師業務に従事。既存クライアントへの人事戦略・制度設計の支援を数多く経験。その後、東京本社へ異動し、大阪支社での幅広い経験を活かして法人営業、研修講師等を行う。現在は新規事業開発に従事。

現在の仕事内容について
教えてください。

  • ・新規事業開発
  • ・研修講師

人材育成とITを絡ませたデジタルラーニング領域での新サービス開発に携わっています。現在は、あるサービスのプロダクトマネジャーとして、サービス設計、コンテンツ開発、マーケティング戦略立案など、事業立ち上げの業務を一貫して行っています。また、研修講師として、マーケティング・財務分析・ロジカルシンキングなど各種ビジネススキル関連の研修を実施しています。

「人材育成の仕事」に対する
やりがいを教えてください。

社会性のある仕事であることが最大のやりがいです。人材育成は日本のほとんど全ての企業が課題を抱えている普遍的なテーマです。例えば、将来のリーダー育成、働き方改革、女性活躍など日本の企業が解決しようとするテーマは数多くあり、常にそれらを支援する存在としてお客様に価値を提供できることに喜びを感じます。目の前のお客様の成長をサポートし、それが企業の成長となり、日本経済の発展につながっていくという非常にやりがいのある仕事です。 ただ、従来の人材育成のやり方ではまだまだ足りないものがあります。現在は、新規事業開発という仕事で、現場での経験を活かし、まだ世の中にない新たな人材育成の在り方を創ることが私の役割です。人材育成の世界を変えるようなサービスを生み出し、目の前のお客様、そして日本の将来のために貢献していくことに、大きなやりがいと責任を感じながら日々働いています。

MORE FOCUS

趣味を教えてください。

サッカー
小さい頃から続けており、今も同僚や友人と定期的に集まって試合や練習をしています。負けず嫌いな性格なので、体の限界を考えず本気でプレーしてしまい、リフレッシュのつもりがいつも疲れ果ててしまうこともあります。

釣り
釣りをしながら、のんびりと考えごとをしています。

おススメの書籍を教えてください。

パフォーマンス・コンサルティング―人材開発部門は研修提供から成果創造にシフトする
デイナ・ゲイン・ロビンソン、ジェームス・C・ロビンソン(著)
組織の成果・パフォーマンス向上のための手法・コンセプトが体系的に書かれており、何度も読み返しています。
社長が判断すべき重要人事
東川 鷹年(著)
人材育成の課題として最も多い幹部育成・幹部登用の考え方を深く知ることができます。
なかなか自分のものにするのが難しいので何度も読み返しています。
新しい市場のつくりかた
三宅 秀道(著)
新規事業を開発する上での必読書です。 解決策ではなく問題を発明するという視点が素晴らしいです。