年々高まる
人材育成のやりがいが、
組織や個人の
成長・変革を
後押しする。
2010年 中途入社
人材開発エキスパート

INTERVIEW

前職プロフィール

人材業界/ 法人営業
前職では、転職者向け求人広告の法人営業に従事。特に中小企業の採用活動を成功させるため、経営者にターゲットを絞り、経営戦略と連動させた採用支援活動に尽力。

入社後プロフィール

入社後2年間は法人営業と講師の経験を積み、3年目にはプレイングマネジャーとして5名のメンバーのマネジメントと育成に携わる。その後、研修企画開発部門へ配属され研修プログラム開発と講師育成に従事。現在は中堅・大企業を対象とした営業活動と講師業務を兼務している。

現在の仕事内容について
教えてください。

  • ・新規クライアントへの人材育成支援の提案
  • ・既存クライアントへの人材育成支援
  • ・研修講師

主に従業員規模数百名~数千名のお客様向けに、人材育成の課題を解決するためのご提案・ご支援をしています。既に他社で教育研修を導入しているお客様が多いため、ご要望も多岐に渡り、かつ高いレベルの品質が求められます。お客様からの期待に応えるだけでなく、期待を超え感動していただけるよう、提案・サービスレベルの向上に努めています。

「人材育成の仕事」に対する
やりがいを教えてください。

「組織や個人が成長・変革する機会に携われる」ということが、私にとっての人材育成の仕事に対するやりがいです。当社に転職してきてから7年間、毎年百数十社、数千名のお客様にお会いしてきました。これだけ多くの方々と直接接点を持ち、人材育成のご支援ができる当社の事業は、世の中に対する影響力も非常に大きく、意義のあるものだと感じています。その影響力の大きさを現場で実感できる機会も多いです。例えば、部下マネジメントに悩んでいたお客様が変革した瞬間に立ち会えたり、お客様から「うちも社員が育ち、会社としても数年前とは見違えるように成長した。」という人材育成の専門家冥利に尽きるお言葉をいただける等です。入社してからの7年間で、人材育成の仕事に対するやりがいは年々高まってきているように感じています。

MORE FOCUS

趣味を教えてください。

野球が大好きで、20年以上続けています。社会人になってからは週末の草野球のみですが、学生時代は野球部の寮に入り、毎日朝から晩まで練習に明け暮れていました。ラーニングエージェンシーでも3年前に野球部を立ち上げ、毎年優勝を目指して活動しています。

おススメの書籍を教えてください。

7つの習慣
スティーブン・R・コヴィ(著)
私にとって人生の指南書のような本です。読む度に新たな発見があり、特に第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」は定期的に自身でも見直していて、毎年手帳に書き込んでは修正しています。