簡単ではないからこそ、
正しいやり方で
正しくやり続けたその先に、
他社との圧倒的な差別化を
生み出すことができる
2010年 中途入社
人材開発エキスパート

INTERVIEW

前職プロフィール

IT業界/システムエンジニア
前職は、大手システムコンサルティング会社にて、システム開発に従事。
リース業界の会計基幹システムの構築・運用に携わる。
その後、企業合併によるシステム統合案件に配属され、要件定義から基本設計に携わる。

入社後プロフィール

入社1年間は法人営業と講師の経験を積み、2年目からはプレイングマネジャーとして3名から7名のメンバーのマネジメントと育成に携わる。その後産休・育休を取得し、復帰後には営業企画業務を担当する部門へ配属される。現在は同部署にて、4つのチームマネジメントを行う。

現在の仕事内容について
教えてください。

  • ・営業企画/推進
  • ・チームマネジメント

事業部の成果を最大化するために、いかに「売れるサービス」「売れるしくみ」を作るかを日々検討しています。
具体的には、サービスのブラッシュアップ・営業ノウハウの可視化・マーケティング施策の立案・実行等が挙げられます。また、これらの検討・実施を滞りなく進めるために、日々チームマネジメントにも携わっています。

「人材育成の仕事」に対する
やりがいを教えてください。

日々お会いする企業の皆さまから、「人材育成に取り組みたい、けれどもやり方がわからない」もしくは「取り組んできたものの、成果が出なかった」というお悩みを沢山いただきます。
私達が今まで9500社以上のお客様をご支援をしてきた経験を踏まえ、自信を持ってお伝えできる事があります。
それは、人材育成というのは、決して簡単ではないけれど、「正しいやり方で正しくやりきる事が出来れば、必ず成果が出る」ということです。
そして、簡単ではないからこそ、「正しいやり方で正しくやり切った」先には他社が追いつく事の出来ない圧倒的な差別化を生み出す事が出来ると考えています。
このように、企業の成長にとって欠くことの出来ない人材育成についてご支援ができる事は、何ものにも変えがたいやりがいですし、社会的意義も非常に高い仕事だと感じています。

MORE FOCUS

趣味を教えてください。

趣味と言えるほどのものかはわかりませんが、子供の保育園の連絡帳を読むことです。
色んなお友達と触れ合い、沢山の「初めて」を経験し、昨日出来なかったことが出来るようになって帰ってくる。
こうした様々な経験が積み重なっていく毎日の様子を綴った連絡帳からは、著しい成長の様子が見てとれます。そのため、日々連絡帳を開くことを楽しみに、帰宅しています。

おススメの書籍を教えてください。

パフォーマンスコンサルティング
デイナ・ゲイン・ロビンソン&ジェームズ・Cロビンソン(著)
当社が、人材育成のプロとしてお客様に提供すべき価値がわかりやすく、体系的にまとめられています。一度目を通すだけでなく、日ごろお客様に提供している価値と比較をしながら、何度も読み返していただきたい書籍です。