企業の人材育成を支援 株式会社ラーニングエージェンシー

人材育成コラム(一覧)_1 人材育成コラム_2

本人目線で考える中途社員の早期戦力化 入社後"早期に"活躍するために、中途社員自身が"まず"すべきこととは?

本人目線で考える中途社員の早期戦力化 入社後"早期に"活躍するために、中途社員自身が"まず"すべきこととは?|コラム|人材育成・教育研修

雇用の流動化が進む昨今。ひと昔前と比べ、中途入社の社員を迎える機会が増えた企業も多いのではないでしょうか。 大きな期待を抱いて採用した中途社員に、入社後の早い段階で戦力になってもらうには、会社としてのサポートはもちろん、中途社員本人が、自身に求められる行動を理解しておくことが大切です。 今回は、中途社員本人の目線に立ち、自身が活躍するための環境づくりについて考えていきます。

本人目線で考える中途社員の早期戦力化 入社後“早期に”活躍するために、中途社員自身が“まず”すべきこととは?|人材育成コラム_3

新たな環境で頑張りたい中途社員、でも3年目までに3割が退職!?

「これまでの経験を活かし、早く戦力になれるように頑張ろう」。新しい仕事人生を歩き始めた中途社員の多くが、そんな気持ちを抱いているのではないでしょうか。実際に中途社員は、「高度なスキルを持っている」「トレーニングをしなくても早期に立ち上がってくれる」といった見立てで採用されるケースがほとんどですから、こういった心構えを持つことは非常に大切です。

そんな中途社員のやる気や企業の期待とは裏腹に、入社後の定着状況に目を向けてみると、新しい環境に適応できずに転職を繰り返してしまう人も多いのが現状。中小企業においては、入社3年目までに約3割が離職してしまうというデータがあるほどです。

せっかくの能力を発揮する前に辞めてしまう、辞められるのは、中途社員本人にとっても企業にとってももったいないこと。中途社員が入社後の早い段階で能力を発揮し、戦力として活躍し続けられる環境づくりが必須となっています。では、そのような環境をつくるために、中途社員本人にはどのような行動が求められるのでしょうか。

こんな行動を取っていませんか? 気をつけたい行動4選

まずは、入社直後の中途社員が取ってしまいがちな「能力を発揮できない環境になってしまう」行動を振り返ってみましょう。

  • ・ 経験のない仕事を依頼されたにもかかわらず、無理に自信を示して依頼を受けた
  • ・ 教わった仕事の進め方が非効率だったため、自分のやり方で仕事を進めた
  • ・ 早く結果を出すために、自力で黙々と仕事を進めた
  • ・ 他部門の若手に、自分の仕事の後工程を早く処理するよう指示した

このような行動に心当たりがある方、目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここで挙げたような行動を取ってしまうと、

・ 経験のない仕事を依頼されたにもかかわらず、無理に自信を示して依頼を受けた
→ 実力よりも自己評価が高い人だと認識される

・ 教わった仕事の進め方が非効率だったため、自分のやり方で仕事を進めた
→ 前の職場のやり方に固執する人だと思われる

・ 早く結果を出すために、自力で黙々と仕事を進めた
→ 職場になじもうとしない人だと認識される

・ 他部門の若手に、自分の仕事の後工程を早く処理するよう指示した
→ 横柄な態度を取る人だと思われ、協力が得にくくなる

といった状況に陥り、せっかくの能力を発揮しづらくなることは容易に想像できます。

一方で、能力を発揮している中途社員は、誤解を生まない、反感を買わない仕事の進め方で業務に取り組み、組織に貢献できる、組織になじもうとする人材であると周囲から認知される傾向にあります。そのため、結果を出すために必要な周囲の協力も得られるという好循環を生み出し、早期に、そして継続的に能力を発揮できる環境を築いているのです。

「組織文化」を知ることが環境づくりの第一歩

では、上で触れたような、誤解を生まない仕事の進め方をする、組織に貢献できる人材だと認知されるといった状況を築くには、何かポイントがあるのでしょうか。もちろん、「あいさつを欠かさない」といった日々の何気ない行動も大切ですが、まずは新しい職場における「組織文化」を知り、前の職場と今の職場の違いを明らかにする。そんな視点を持つ必要があります。

組織文化とは、組織に属する人の意思決定や行動特性のことで、当然、仕事の進め方にも影響してきます。また組織文化は、行動指針や採用方針などを見れば理解できる部分もありますが、長年その組織に属し慣れ親しんでいたとしても、解釈は意外と難しいものです。そこで当社では、以下のような切り口で整理し、組織文化を明らかにしていくことをお勧めしています。ここで紹介するのはあくまでも一例ですので、様々な切り口でアプローチしてみてください。

組織文化の切り口(例)

  • ・ ボトムアップ⇔トップダウン
  • ・ 連携重視⇔個人重視
  • ・ 根回し重視⇔即決重視
  • ・ 慎重に行動⇔まずは行動
  • ・ 質重視⇔スピード重視
  • ・ 文書重視⇔音声重視

これら要素を1つ1つ見ていくと、「強いて言えば連携重視な気がするけど...」「どちらとも言えないな...」というように、当然分類できない項目も出てくるかと思います。どちらなのか、どの程度なのかを見極めるというよりは、自分はどんなところに違和感を覚えるのかなど、気をつけなければならない点を知るための要素と位置づけ、整理してみることがポイントです。

中途社員に求められる4つの行動とは?

前の職場の組織文化と今の職場の組織文化の違いがわかったら、次のステップです。日々の行動に注意しながら、以下の4つの行動を実践していくことで、能力を発揮できる環境にぐっと近づく。当社ではそう考えています。

① 業務領域ごとのキーパーソンを知る

個人としての仕事に当てはめると、仕事の進め方について相談する相手、仕事の進め方について了承を得る必要がある相手を知るということです。また、部門の仕事においては、部門内の同僚に影響がある事項について相談する・了承を得る相手、部門をまたいだ仕事においては、調整事項が発生した場合に話を通しておくべき相手や話を持っていく順番などを把握する必要があります。誤解を恐れずに言うと、"敵に回すと面倒な人"をあらかじめ知っておく、と考えることもできます。

② 現組織の仕事の進め方を理解する

今の組織に必要のないもの、つまり持っていることで弊害を生む考えや経験を捨て、現在の組織のやり方を把握するということです。「この進め方の方が効率いいのに...」と思っても、まずは今の組織のやり方でやってみる。「今の組織ではもしかしたら意味があるのでは?」と発想を切り替えることが大切です。そのうえで、「本当に非効率で改善の余地がある」のであれば改善案を提案すべきですが、それでもタイミングを慎重に判断するという点を忘れてはいけません。

③ 組織や周囲から評価される行動を知る

① と重なる面もありますが、まずは、評価を決めるキーパーソン、つまり人事上の評価を決める人、仕事の割り当てを決める人、評価・割り当ての決定者に影響を与える人を把握し、その人が評価する行動・評価しない行動を押さえるということです。

具体的には、文書作成において"完璧なもの"の提出が求められるのか、まずはラフなものでいいので"素早さ"が求められるのか、また、忙しいときは"電話して"なのか"メールして"なのかなど、キーパーソンの価値観や考え方、優先順位などを把握するということです。これらを理解しておかないと、いくら完璧なものを提案しても、「相手の期待に応えていない」ことになってしまいかねないので要注意です。

④ 現組織で新たに必要なスキルを習得する

メールシステムの操作方法といった業務に関する細かい知識や、仕事を進めるうえで必要となる業界・業務知識やスキルなど、今の職場で成果を出すために必要なスキルを習得するということです。具体的には、情報システム活用スキル、PCスキル、専門業務スキルのほか、文書作成スキルや音声コミュニケーションスキルなどが挙げられます。組織によって独自のルールや暗黙のルールがあることも多いので、"現組織で必要な"という点を意識することが大切です。

どれも当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、ここでお伝えした4つの行動の根底には、中途社員に求められる「組織再社会化」の概念があります。組織再社会化には「人脈政治知識の獲得」「学習棄却(アンラーニング)」「評価基準・役割の獲得」「スキル・知識の獲得」という4つの要素があり、上述した①~④がそれぞれ該当します。詳しくは、以前のコラム『中途採用者の入社教育-社員の入社後活躍のために、上司・会社が取り組むべきこととは』で解説していますので、そちらもご参照ください。

まとめ

今回のコラムでは、中途社員が新たな環境で能力を発揮し、継続的に活躍するために取るべき行動について考えてきました。

中途社員の中には、"新しい風を吹き込んでほしい"、そんな期待を伝えられ入社を決意した人も多いでしょう。そのため、すぐにでも新しい風を吹き込んで組織を盛り上げようと張り切ってしまうケースはよくあること。また、期待されて入社したのだから、すぐに成果を出さないと...とプレッシャーを感じている人も多いものです。しかし、入社直後から知識やスキルをフルに発揮して貢献しようとすると、思わぬ壁にぶつかるだけでなく、場合によっては軋轢を生んでしまうこともあります。

まずは焦らずに、「能力を発揮できる環境を整えることに時間を使う」、そんな心構えを持つ。そして、「全てが当たり前になる前に、戸惑ったこと、気になったことを記録しておき、タイミングが来たら業務改善の情報源として活用する」といった仕事の進め方を意識することが大切です。

中途社員の皆さまの新たな職業人生の出発にあたり、本コラムの内容を参考にしていただければ幸いです。

コラムをまとめて読みたい方におすすめ
人材育成コラム eBOOK ダウンロード!

社員教育のポイント・職場での具合的な活用方法など
貴社でご活用いただける情報を、まとめて読めるよう冊子にしました!

階層別編
  • 内定者・新人・若手・中堅・管理職・経営幹部まで全階層対応
  • 各階層で異なる育成のヒントが見つかります
  • eBOOKダウンロードはこちら
ビジネス知識・スキル編
  • 社会人に必要なビジネス知識・スキル毎にコラムをまとめています
  • ビジネス知識・スキルに応じた育成のヒントが見つかります
  • eBOOKダウンロードはこちら
人事のお悩み編

対象別の育成ポイント

人材育成コラム一覧

コラムランキング
コラム / 事例
階層別の情報を見る
人材育成メールマガジン

人材育成に関するノウハウやお役立ち情報、研修情報をお届けいたします。

お問い合わせ

(受付時間:平日9:00~17:30)

お問い合わせする