リスクマネジメントとは?企業で取り組む必要性やプロセスについて|コラム|人材育成・社員研修

ビジネスを取り巻く環境が猛スピードで変化する中、事業環境の不確実性が高まり、リスクも多様化しています。一歩間違えると企業の信頼の失墜に繋がるため、予期せぬリスクへの備え、つまり「リスクマネジメント」は企業にとって必須の取り組みとなっています。そこで、当コラムでは、リスクマネジメントを行う上で必要な知識、プロセスやポイントをご紹介します。

リスクマネジメントとは?企業で取り組む必要性やプロセスについて|人材育成コラム_3

リスクマネジメントの全体像

リスクマネジメントとは?企業で取り組む必要性やプロセスについて|人材育成コラム_4

リスクマネジメントとは?その目的や、危機管理との違い

まず、「リスクマネジメント」の概念を明確にしましょう。 リスクマネジメントとは一般的に以下のような仕組みのことを指します。


企業経営において起こり得る様々なリスクを想定し、事前に回避策や低減策を取る「トラブルの発生を防ぐ仕組み」

似たような概念に「危機管理」というものが存在します。
危機管理とは、簡単に言うとリスクが「起こってしまった結果」として企業が被る損失を最小化させる施策のことです。

リスクが想定できていなかった事象に対し、対応策を検討することはできないですよね。 つまり、「危機管理」を行うためには、あらかじめ起こり得る様々なリスクを想定しておく「リスクマネジメント」が重要なのです。

リスクマネジメントの必要性は高まっている!

企業を取り巻くリスクには様々な種類があり、コンプライアンス違反や為替・株価の変動、情報セキュリティの脅威、自然災害や昨今の感染症の拡大など、数え上げればきりがありません。また、グローバル化や情報化の進展によって事業環境が大きく変化する中、リスクが企業に与えるインパクトや影響範囲は計り知れないほど大きくなっています。

このような背景から、リスクに対する備えであるリスクマネジメントの必要性は以前にも増して高まっているのです。

リスクマネジメントのプロセス

リスクの種類

ここから、リスクマネジメントへの取り組み方を見ていきますが、その前に、リスクには具体的にどのようなものがあるのか、まずはその種類を確認しておきましょう。 先ほど、コンプライアンス違反や自然災害などいくつか例を挙げましたが、リスクマネジメントの国際的なガイドライン*1に則り、リスクを内部要素または外部要素に分類してみると、自社で影響をコントロールできる「内部要因」と、自社のコントロールが及ばない「外部要因」の2つに分類することができます。

*1 ISO31000(Riskmanagement-Principles and Guidelines:リスクマネジメントー原則及び指針)


<内部要因>
財務リスク、コンプライアンスリスク、オペレーションリスク、戦略リスクなど
例)コンプライアンスリスク
取引先である大手企業の新製品について、公表前に知った情報に基づき取引先の株式を購入した

<外部要因>
市場・社会の変化、法改正、テクノロジーの進化、自然災害など
例)災害リスク
大規模災害の発生で通信インフラが遮断され、業務継続が困難になった

上記の例からもわかるように、影響をコントロールできるか否かによって取るべき対応策が異なるため、「内部要因」と「外部要因」の違いを理解しておくことが重要です。

リスクマネジメントのPDCA

ここまでの内容を踏まえ、実際にどのようにリスクマネジメントを行えばよいのか、「PDCA」に基づいたプロセスをご紹介します。

*「PDCA」とは、「Plan」「Do」「Check」「Action」の頭文字を取ったもので、業務を継続的に改善する仕組みのこと


リスクマネジメントのPDCA

P 方針の決定、リスクの認識・評価・順位づけ、対応策の立案
D 対応策の実施
C 対応策モニタリング
A 対応策の評価・改善

リスクマネジメントのPDCAの要は「Plan」にあり!

このプロセスでは、リスクの洗い出し方式・評価方法の検討、洗い出したリスクの評価・優先順位づけを行った上で対応策を立案します。

PDCAの中でも、適切なリスクマネジメントを行うために要となるのがPのプロセスです。
なかでも「リスクの認識」が極めて重要。なぜなら、認識できていないことにより洗い出せなかったリスクは管理する術がなく、リスクが顕在化したときに適切な対応策を検討することができないからです。それでは、どのようにプロセスを進めていけばよいかを3ステップでご紹介します。

Step 1.リスクの洗い出し
このステップでは、リスクを可能な限りすべて洗い出します。洗い出しをする際のポイントは、日ごろの常識や思い込みを捨てること。「無理やりにもリスクを発見する」という意識で棚卸をしてみてください。「ありえない・あってはならない・あたりまえ・あいまいさ」の4つの「あ」を排除することも、リスクを認識するポイントだと、リスクマネジメント協会では提唱されています。

Step 2.リスクの評価・順位づけ
Step 1.で洗い出したリスクを、発生可能性と影響度の2軸で定量化します。定量化によってリスクの重大さが可視化されることで、洗い出したリスクを客観的に評価・順位づけできるようになります。

Step 3.対応策の立案
リスクを評価したうえで、対応策を検討します。「リスク対応の分類」に照らしながら検討してみましょう。

【リスク対応の分類】

  • ①リスク回避:リスクを生じさせる要因そのものを取り除く対応方法
  • ②リスク移転:リスクを組織外に「移転」する対応方法
  • ③リスク低減:リスクの発生可能性を下げる、もしくはリスクが顕在化した際の影響の大きさを小さくする、
    またはそれら両方の対策を取る対応方法
  • ④リスク保有:リスクを許容し、特別な対策を取らずに受け入れる対応方法

ここまで、リスクを可能な限りすべて洗い出し、対応策を立案することが重要であるとお伝えしました。リスクマネジメントPDCAサイクルを適切に回すためには、リスク認識・対応策の立案を行う「Plan」に8割の時間を割くべきと言われるほどですが、その後の「Do」「Check」「Action」がなければ「Plan」を立てた意味がありません。対応策を実行(Do)した上で、「リスクが実際に軽減したかどうか」「新たなリスクが発生していないか」「リスクの影響度は変化していないか」といった視点で見直しを行い(Check)、対応策の改善・評価(Action)を繰り返し行うことが重要です

PDCAを回して継続的な見直しを

このように、リスクマネジメントは「対応策マニュアルを作ったら終わり」「対応策を実施したら終わり」ではありません。リスクマネジメントのPDCAを回すことはそう簡単なことではありませんが、時々刻々と変化するそれぞれのリスクに対して、きちんとPDCAを回すことが企業活動を続けるうえでなくてはならない取り組みとなります。

リスクの多様さ・複雑さは言うに及ばず、関係者が多くなればなるほど、また想定する期間が長くなればなるほど不確定な要素は増え、考慮、対応すべきリスクは増えます。同じリスクでも、部門によって利害が一致しないために損失・影響範囲の捉え方が異なるといったことも考えられます。リスクマネジメントには、企業・組織の文化や体制、戦略、目的に整合しているかどうかを考慮し、実行していくことも求められます。

そのため、社員一人ひとりがリスクに対する理解を深め、リスクに敏感に反応できるよう、組織文化を形成することが重要なのです。そこで必要不可欠なのが日ごろの社員教育です。リスクマネジメントについては、研修やeラーニングなどで学ぶことができます。 ラーニングエージェンシーでも、リスクマネジメントに関する研修を多数ご用意しています。定型の研修から、企業に合わせたオリジナルの研修まで様々。ぜひ組織文化の形成や、社員一人ひとりの理解促進など、具体的なお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。


コンプライアンス教育について更に詳しく知りたい方は以下のコラムもご参照ください
コンプライアンス教育の在り方|コラム|人材育成・社員研修

■このコラムを見ている方はこの研修も見ています

対象別の育成ポイント

コラムランキング

社員一人ひとりにどんな課題があるかわからない・・・まずは診断テストで社員の課題を可視化してみませんか?

コラムランキング
コラム / 事例
階層別の情報を見る
人材育成メールマガジン

人材育成に関するノウハウやお役立ち情報、研修情報をお届けいたします。

お問い合わせ

(受付時間:平日9:00~17:30)

お問い合わせする